KINTO(キント)は解約金はかかるの?解約金、解約金フリープラン、おすすめな人

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)を解約した時に解約金はかかるのかについて紹介します。

結論は解約金フリープランだと一切解約金は発生しません。さらに、すべてのプランが車種に関わらず新車になります。

結論次項です。

  • 解約金フリープランだと解約金は一切発生しない
  • 全てのプランが新車
  • 解約金フリープランは3年ごとに契約更新になる
  • 契約利用料の月額5か月分を申し込み金+車種に応じた月額使用料を払う
  • 使用料に自動車税、自動車保険、車検、メンテナンス、消耗品(エンジンオイルやウォッシャー液など)、故障修理や代車が含まれる
  • 同一車を継続で再契約する場合は申込金、月額使用料を減額して利用可能
  • 再契約時に新車に乗り換えることも可能
  • お金が足りない学生社会人多忙な人車のメンテナンスが分からない人におすすめ

車を購入する前にKINTO(キント)を利用登録!

KINTO(キント)を解約すると解約金は発生するの?

解約金フリープランを利用している場合は解約金が発生しません。解約金フリープランとはプラン利用中に利用を解約しても解約金が発生しないプランになります。

一方で、もう1つある初期費用プランを利用してるときに解約すると解約金が利用している車種、契約年数に応じて発生します。

契約するとき契約期間中に解約することがありそうな人(車を購入する場合がある、)は解約金フリープランを利用しましょう!

KINTO(キント)の解約金フリープランとは?

解約金フリープランとは契約期間中いつ解約しても解約金が発生しないプランです。解約金フリープランの契約年数は3年ごとになります。

まずは、解約金フリープランも含めKINTO(キント)の自動車は契約時に発注するため全て新車になります。さらに、利用料には自動車税自動車保険車検メンテナンス消耗品(エンジンオイルやウォッシャー液など)故障修理や代車を含めた料金になります。

初回の契約には契約利用料の月額5か月分を申し込み金として払います。そのあとは種に応じた月額使用料を支払っていきます。契約満了後は再契約が可能で同一車では最大で7年契約が可能です。3年契約が終了した場合、3つの選択肢を選べます。

  1. 同じ車で再契約
  2. 新車に乗り換えて新規契約
  3. 車を返却して契約終了

1.同じ車で再契約した場合は申込金の利用料3か月分を支払い継続して利用できます。また、新しい契約として3年契約のほかに2年契約も可能です。同一車の再契約の場合、初回の2か月分マイナスの利用料3か月分の申込金を支払って再契約になります。さらに、同一車で再契約した場合、2回目の契約は15%OFF3回目の契約は30%OFF月額割引があります(トヨタ車の場合)。

2.新車に乗り換えて新規契約する場合は再契約の際に審査があり、審査を通過すると新車での再契約が可能です。新しい契約扱いになるので月額利用料5か月分の申込金を支払って利用開始になります。

3.車を返却して契約終了の場合は、特に支払金がなく契約終了です。

どんな人が得する?

どんな人でも得すると思います。特に大学生新社会人の方など車が欲しい、車が必要だけどローンを組んで購入したくないという方はサブスクとして利用することで安心して、手数料などの金額が発生しない形で自動車利用でできます。

他にも、車に詳しくない方日々多忙な方も利用料に保険や車検、自動車税が含まれているので余計な時間やメンテナンスを行う必要がないです。

多くの人に利用をおすすめします。ぜひ、公式サイトから除くだけでもしてみてください!

まとめ

KINTO(キント)で解約金は発生するのかについて紹介しました。

まとめ次項です。

  • 解約金フリープランだと解約金は一切発生しない
  • 全てのプランが新車
  • 解約金フリープランは3年ごとに契約更新になる
  • 契約利用料の月額5か月分を申し込み金+車種に応じた月額使用料を払う
  • 使用料に自動車税、自動車保険、車検、メンテナンス、消耗品(エンジンオイルやウォッシャー液など)、故障修理や代車が含まれる
  • 同一車を継続で再契約する場合は申込金、月額使用料を減額して利用可能
  • 再契約時に新車に乗り換えることも可能
  • お金が足りない学生、社会人、多忙な人や車のメンテナンスが分からない人におすすめ

多くの人におすすめしたいKINTO(キント)。車離れもささやかれていますが、サブスクで利用ならおおくのメリットがあります。

ぜひ、下記の公式サイトから登録してください。

車の購入を悩まれている人は登録しましょう!