KINTO(キント)の自動車税って?補償、納税証明書

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)の自動車税って自腹なのか紹介します。

結論は車に関するすべての税金が利用料に含まれていいるので払うことはありません。

まとめ次項です。

  • すべての車に関する納税がKINTO(キント)の利用料に含まれてる
  • 納税通知書が届くことがない
  • 納税証明が必要ないので発行されない

今すぐ車利用登録!

KINTO(キント)の自動車税って自腹なの?

KINTO(キント)の自動車税は支払う必要がないです。月額利用料の中に自動車税も含まれているためです。

一方で自動車関連の税金って自動車税の他に自動車重量税、環境性能税、消費税がありますよね。KINTO(キント)ではこれら自動車に関わる税金がすべてが利用料に含まれています。

KINTO(キント)の車の納税通知書が届くことはある?

納税通知書が契約している皆さんのところに届くことはありません。なので納税のことは考えずにKINTO(キント)の車両を利用することができます。

上記にも書いている通りKINTO(キント)の利用料には車関係の税金がすべて含まれています。そのうえで納税通知書も利用者のところではなく、KINTO(キント)に届き、納税するので納税手続き、納税は利用者自身がすることはありません。

KINTO(キント)の車の納税証明書は発行されるのか?

納税証明書が発行されることはありません。もっと、詳しく伝えると発行する必要がありません。納税証明書は車の売却や車検を受けるときに必要になりますよね。車の売却はそもそもできません。

車検については申し込みの前にKINTO(キント)指定の店舗を選択します。車検日が近づくと入庫日の連絡が来てKINTO(キント)が一括で納税、車検をしてくれます。なので車検で納税証明書が必要になることはありません。

まとめ

kINTO(キント)の車の納税はどうなっているのかについて解説しました。

まとめ次項です。

  • すべての車に関する納税がKINTO(キント)の利用料に含まれてる
  • 納税通知書あが届くことがない
  • 納税証明が必要ないので発行されない

納税に関する煩わしいことも解法されるのでKINTO(キント)で車を利用するのはおすすめです。

ぜひ、下記の公式サイトから登録してください。

車が欲しいかたは登録しましょう!