KINTO(キント)は自分で自動車保険に入る必要あるの?自動車保険、内容、おすすめな人

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)は自分で自動車保険に入る必要があるのか紹介します。

結論は利用料金に自賠責保険、任意保険が含まれており保険内容も充実しています。

結論事項です。

  • 自賠責保険、任意保険どちらも利用料に含まれている
  • 任意保険内容
    • 対人・対物無制限
    • 自身・同乗者の補償5000万円
    • 車の破損自己負担5万円まで
    • 大破、盗難されても解約なし、自己負担なし
    • 弁護士特約つき
    • ロードアシストつき
    • レンタカー補償つき
    • 事故現場アシストつき
    • 運転者の年齢制限なし

車を購入する前にKINTO(キント)を確認!

KINTO(キント)は自分で自動車保険に入る必要があるのか?

KINTO(キント)では自分で自動車保険に入る必要がありません。月額利用料に自賠責保険自動車保険も含まれているからです。なので自分で保険の手続きや申し込みをする必要がありません。この保険は年齢、等級、免許証の色によらず皆同じ金額になります。また、使用中に事故を起こしても月額利用料は変わりません。

KINTO(キント)の自動車保険内容

対人・対物無制限自分や同乗者が怪我した場合は5000万円まで補償されます。車への補償も付いており、電柱にぶつけて凹んだり、擦って傷を付けた場合でも自己負担額は最大で5万円までです。車が大破した場合や盗難されても自動車保険でカバーされますので自己負担0で解約金の増額などもありません

さらに付帯特典で弁護士特約が付いてきます。法律上の損害請求を自己相手と決める時に安心できますね。

ロードアシストも付いており、事故などで車両が走行困難になっても搬送費用が補償される他、バッテリー不良などの緊急時応急対応費用も賄われます

レンタカー補償費用も付いており、事故などでレンタカーが必要になったら事故30日、故障15日を限度にレンタカー補償がなされます。

事故現場アシストもあるので、もし事故現場困ってることがあれば専門スタッフが電話でアドバイスします。ご要望に応じて病院への各種手配や、被害者への連絡などの初期対応を行います。

年齢制限もないので契約者が認めた運転者の事故補償もされます。友人や家族間で安心して運転できます。

まとめ

KINTO(キント)の自動車保険について解説しました。

まとめ事項です。

  • 自賠責保険、任意保険どちらも利用料に含まれている
  • 任意保険内容
    • 対人・対物無制限
    • 自身・同乗者の補償5000万円
    • 車の破損自己負担5万円まで
    • 大破、盗難されても解約なし、自己負担なし
    • 弁護士特約つき
    • ロードアシストつき
    • レンタカー補償つき
    • 事故現場アシストつき
    • 運転者の年齢制限なし

利用料に車の利用料金のみならず自動車保険も入っており、これだけ特典があります。安心して自分だけではなく周りの人もカーライフを楽しめます。

ぜひ、下記の公式サイトから登録しましょう!

車の購入を迷われてる人は登録しましょう!