KINTO(キント)の車に傷をつけたら全額弁償?傷の保証、大破した時、違約金や注意点

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)で使用している車に傷をつけたら弁償しなくてはいけないのか紹介します。

結論は自己負担は最大で5万円でほかは利用料にふくまれる保険から補填されます。結論次項はいかです。

  • 傷や凹みなどの自己負担は最大5万円で他は補償される
  • 大破するような破損は保険から補償され自己負担なし
  • 保険使用回数上限なし
  • 違約金、強制退会も基本ない
  • 事故に関する注意事項があり犯すと次回の契約利用不可
  • ひどい時は強制退会、違約金があり、保険・補償制度の利用不可

現在登録殺到で車の納期が長期化してます。まずは公式サイトで確認してみましょう。

車を購入する前にKINTO(キント)を利用登録!

現在、利用者急増で車の納期が長引いていますすぐに、公式サイトを確認しましょう!

KINTO(キント)の車に傷をつけた時修理代全額出すの?

KINTO(キント)の車に傷をつけたら最大5万円までの自己負担で済みます。というのもKINTO(キント)の利用料の中に保険料も含まれており、修理するのに5万円を超えた分の修理費をKINTO(キント)の保険から補償されます。

また、事故による相手方に免責がある場合は相手方の修理費が補填され、そのうえで5万円を超えた場合に超えた分保険から補填されます。

KINTO(キント)の車が大破するようなことがあったら?

自己負担は一切必要ないです。リースカー特約を付けているため全額保険が負担してくれます。

また、安心して利用できる部分としてKINTO(キント)の車に保険を利用した場合、等級が下がることがなく月額利用料は変わらず利用を継続できます。

保険使用回数、違約金や強制退会、注意点について

保険を利用する回数に上限はありません。なので基本違約金や強制退会などはありません

一方で事故に関して注意すべき禁止事項があります。それは直近事故日からさかのぼって1年間に計3回以上、もしくは2年間に計4回以上自動車事故や故障を繰り返し、自動車運転運転技術に疑義が生じた場合は次回の契約利用ができないことがあります。なのでいないとは思いますが事故を起こしてもいいやという感覚で運転はしないようにしましょう。

ひどい時は強制退会損害金の一括支払いが発生します。この場合は、KINTO(キント)の補償制度や保険は利用できません

皆さん普段の運転のように安全運転を心がけましょう。そうすれば難しい条件ではないです。

まとめ

KINTO(キント)の車に傷をつけた時の保険・補償について紹介しました。

まとめ次項です。

  • 傷や凹みなどの自己負担は最大5万円で他は補償される
  • 大破するような破損は保険から補償され自己負担なし
  • 保険使用回数上限なし
  • 違約金、強制退会も基本ない
  • 事故に関する注意事項があり犯すと次回の契約利用不可
  • ひどい時は強制退会、違約金があり、保険・補償制度の利用不可

普通に運転していればそこまで難しい条件はありません。そのうえ事故の補償や保険はかなり充実しているので安心して利用できますね。

ぜひ、下記の公式サイトから登録してください。

車の購入を考えている人は一度確かめて登録してもいいですよ!

利用開始する人多数です。すぐ車が欲しい人は車の納期が長くなる前に公式サイトへ!