KINTO(キント)で車検受けると自賠責や重量税も払われた状態になるのか

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)で車検を受けた車は自賠責や重量税が支払われた状態で引き受けられるのかについて紹介します。

結論は車検後は車検証や自賠責保険証明書が積載された状態で車が帰ってきて、重量税の納税が完了しています。車のあれこれを忘れやすい人はKINTO(キント)なら安心して車を利用した生活ができます。

結論次項です。

  • 月額利用料に車検費用、自動車保険料、自動車税が含まれるため追加出費なし
  • 車検後納税証明遺書、車検証が積載された状態で戻ってくる

お得なKINTO(キント)に登録しよう!

KINTO(キント)の車検、自動車保険、自動車税は別途出費があるのか?

KINTO(キント)の車は車検費用、自動車保険、自動車税の出費が発生しません。これらの費用を含めて月額利用料が設定されているためです。

車検は車検費用のみならず、車検により必要になった修理費、部品交換日、車検期間中の代車費が含まれます。なので車検を通して出費がでることはありません。

自動車税も自動車にかかる自動車税、重量税、環境性能税、消費税が含まれます。自動車の税金に関する手続きや納付をする必要がないのでうっかり忘れることもありません。

KINTO(キント)の車検で車検証、自賠責保険証明書は発行・携帯されるのか?

車検証や地場席保険証明書は携帯された状態で車を受け取ります。車検時に自賠責保険の更新があるので車を車検後に受け取って車検をしっかりなされたか、自賠責保険は更新されているかなども確認することができます。また、車検証の再発行が必要になった場合でも連絡をすれば再発行することが可能です。

ちなみに、納税証明書はKINTO(キント)が支払うようになっているため車への積載はされていませんのでご注意ください。

まとめ

KINTO(キント)で車検を受けた後車検証や自賠責保険証明書は発行される紹介しました。

まとめ次項です。

  • 月額利用料に車検費用、自動車保険料、自動車税が含まれるため追加出費なし
  • 車検後納税証明遺書、車検証が積載された状態で戻ってくる

車のメンテナンスにずぼらでも、知識に乏しくてもしっかり車検や納税もされ、証明書が積載された状態で車が戻ってくるので確認もできます。

安心して車利用できるKINTO(キント)に下記の公式サイトから登録しましょう!