KINTO(キント)は他のカーリースと違う!保険内容、破損をしたらどうする?

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)の他のカーリースと違いを任意保険で傷などを修理する際について紹介します。

結論は他のカーリースは任意保険は利用料に含まれないことが多いがKINTO(キント)は月額利用料に含まれています。特に年齢の低い人は保険料が高額になりがちですが年齢による制限や料金の変動はありません

結論次項です。

  • 他のカーリースは任意保険は利用料に含まれないことが多いが、KINTO(キント)は任意保険が利用料に含まれている
  • 保険に年齢制限はなく、利用する人の年齢で保険加入
  • 保険の適用年齢で利用料は変わることがない
  • 任意保険は充実な内容
  • 傷や凹みの傷は自己負担最大で5万円までで足が出た分は保険から補填
  • 任意保険利用回数に上限なし

登録殺到で車の納期が長期化してます。まずは公式サイトで確認しましょう!

KINTO(キント)と他のカーリースで任意保険の違い

KINTO(キント)では他のカーリースと違い任意保険も月額利用料に含まれています。他のカーリースだと任意保険は別で自分で加入しなくてはいけないことが多いです。若い人になると保険料が上がってかなりの額かかりますが、KINTO(キント)は契約の際に運転する人を複数人指定できるため、保険も含めて年齢制限がないうえに月額料が変わることもありません

任意保険内容も充実しており、

対人・対物無制限自分や同乗者が怪我した場合は5000万円まで補償されます。車への補償も付いており、電柱にぶつけて凹んだり、擦って傷を付けた場合でも自己負担額は最大で5万円までです。車が大破した場合や盗難されても自動車保険でカバーされますので自己負担0で解約金の増額などもありません

さらに付帯特典で弁護士特約が付いてきます。法律上の損害請求を自己相手と決める時に安心できますね。

ロードアシストも付いており、事故などで車両が走行困難になっても搬送費用が補償される他、バッテリー不良などの緊急時応急対応費用も賄われます

レンタカー補償費用も付いており、事故などでレンタカーが必要になったら事故30日、故障15日を限度にレンタカー補償がなされます。

事故現場アシストもあるので、もし事故現場困ってることがあれば専門スタッフが電話でアドバイスします。ご要望に応じて病院への各種手配や、被害者への連絡などの初期対応を行います。

年齢制限もないので契約者が認めた運転者の事故補償もされます。友人や家族間で安心して運転できます。

KINTO(キント)の車を傷や凹みなどで修理に出すとき

修理に出すときはKINTO(キント)に連絡を入れて指定店舗で修理をします。かかるお金は5万円が限度なので修理が必要な場面に出くわしても、損をするかも・やっちまった・黙っておこうと思わずに申告しやすくなりますね。

また、任意保険を利用する回数に上限は無いのでそこも安心して利用できる部分になります。

まとめ

KINTO(キント)と他のカーリースで任意保険にほける違いについて修理に出すときを例に紹介しました。

まとめ次項です。

  • 他のカーリースは任意保険は利用料に含まれないことが多いが、KINTO(キント)は任意保険が利用料に含まれている
  • 保険に年齢制限はなく、利用する人の年齢で保険加入
  • 保険の適用年齢で利用料は変わることがない
  • 任意保険は充実な内容
  • 傷や凹みの傷は自己負担最大で5万円までで足が出た分は保険から補填
  • 任意保険利用回数に上限なし

任意保険に入っているか、どのような内容かは車運転する人には大事なことですよね。また、サブスクなのに車に傷や破損したらどうしようとなると思います。

でもこれだけバックアップがあれば、あなたも安心して利用できるのではないでしょうか。

下記から利用登録して安心のカーライフを送りましょう!

車の納期が長期化してます。車が欲しい人はすぐに公式サイトへ!