冬タイヤがパンクした場合はどうすればいいの?修理費は?

この記事はプロモーションを含みます

周りの道路環境が良くなくて冬用タイヤがパンクし得る環境にお住いの方はパンク時に交換してもらえるのか不安に感じますよね。

安心してください。冬タイヤをオプションで利用していいる人はパンクしても交換することができます

パンクしたタイヤの購入費・交換費は追加で発生することがありません

さらに

  • KINTO故障受付センターで相談ができる
  • レッカーが必要になっても任意保険でレッカーを利用できる

降雪地帯でも安心・安全にカーライフが送れます。

KINTO(キント)でないとパンクしたタイヤの購入・交換に高額な費用が掛かる上に自分で手配をしなくてはいけません。

KINTO(キント)で雪があっても楽しいカーライフを送りましょう!

KINTO(キント)利用者急増中のため車の納期が長くなっています!まずは、公式サイトを確認しましょう!

KINTO(キント)は冬用タイヤがパンクしたら交換してもらえる?

KINTO(キント)で冬用タイヤをオプションで利用している場合は冬用タイヤを交換することができます

悪路を走っているとタイヤが摩耗しやすくなりますよね。雪が降ればなおさら摩耗具合は激しくなるでしょう。

そうなるとパンクするリスクは大きくなると思います。豪雪地帯にでもなればパンクしてしまった場合、家からの移動もままならないと思います。

しかし、KINTO(キント)なら冬用タイヤがパンクによってダメになっても新しい冬用タイヤに交換することができるので安心です。

KINTO(キント)のように交換ができないとタイヤの納期がかかる上に新規のタイヤ購入に多額の出費がかかってしまいます。

さらに、KINTO(キント)なら摩耗によるパンクなら追加出費無しで冬用タイヤを交換することができます

冬用タイヤは数十万の費用が掛かるため、パンクした時の思わぬ出費を払わずに済みますね。

KINTO(キント)に入っていないともしものパンクの時、多額の費用を準備しないと車の走行が再開できなくなります。

KINTO(キント)公式サイトより

KINTO(キント)で冬用タイヤがパンクした場合はどうすればいい?

KINTO(キント)で冬用タイヤをパンクさせた場合は、KINTO故障受付センターに電話をしましょう。

KINTO故障受付センターに電話すればその場で相談やその後の対応をどうすればいいか話すことができます。

パンクがひどいとどうすればいいかわからなくなりますよね。特に、初心者の方や雪が激しく降っているときなど。

そのようなときは不安になるものですが、KINTO故障受付センターに電話して落ち着いて適切な行動を仰ぐことができます。

このように、相談する場がないと自分ですべて行動・手配しないといけません。

また、指定している販売店舗でパンクした冬用タイヤを交換するとき、自走が困難な場合でもKINTO故障受付センターに電話することで連絡することで解決できます。

一応自走ができても運転が困難で事故を起こしうる時も遠慮なく相談できます。

KINTO(キント)でないと自走できないときのレッカー、パンクした時の修理などの手配・出費をすべて自分でやらなくてはなりません。

KINTO(キント)公式サイトより

まあた、レッカーもKINTO(キント)の任意保険の内容に含まれているのでほとんど出費無しで交換まで自走の可・不可に関わらず行えますね。

KINTO(キント)を利用していないとパンクした時の料金が非常に恐ろしい額になる可能性がありますね。

KINTO(キント)公式サイトより

ここまで降雪地域の方が万が一パンクした場合の補償をしてくれるのがKINTO(キント)です。

KINTO(キント)を利用しないとパンクした時のリスクが非常に大きいです。

ぜひ、利用ください。

まとめ

KINTO(キント)で冬用タイヤがパンクしても安心して出費無しで新しいタイヤと交換できることがわかりました。

さらに

  • KINTO故障受付センターで相談ができる
  • レッカーが必要になっても任意保険でレッカーを利用できる

これだけ降雪地帯でも安心してカーライフが送れるのがKINTO(キント)です。

KINTO故障受付センターで相談できるので一人の力で解決する必要がないです。

タイヤがパンクしても新しいタイヤを購入・交換する費用を準備する必要がありません。

ぜひ、KINTO(キント)でカーライフを送ってください

現在、利用者増加中で車の納期が長期化!今すぐ、公式サイトを確認!