KINTO(キント)が車検でのタイムロスしたくない人におすすめな理由

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)が車検時にタイムロスしたくない人におすすめな理由を紹介します。

結論は車検に関わる費用がすべて月額利用料金に含まれており、KINTO(キント)がすべて済まします車検はもちろん、代車の手配、車関係の税金の支払い、自賠責保険の支払い全てです。

結論次項です。

  • 車検費用が月額込みなので見積もり取得の時間を要しない
  • 自動車税・重量税・代車費用・自賠責費用も月額込みでKINTO(キント)が支払うので時間を要しない
  • 車検時は販売店舗から連絡を受け取って入庫するだけ

これだけ車検に関する事項をKINTO(キント)にすべて任せていいので自分の時間をしっかり確保できます。KINTO(キント)で有意義なカーライフを満喫しましょう!

今すぐKINTO(キント)に登録!

KINTO(キント)が車検時のタイムロスが少ない理由

KINTO(キント)では車検時に販売店舗から連絡が来て、入庫するだけで車検に関することが終了するからです。車検に関わることすべてをKINTO(キント)が済ますので自分の時間を割くことがありません。また、車検に関する費用が月額料金に含まれているのでまとまったお金を準備する時間を省けます

車検をする前に自分で安い車検費用となる業者を探すことがあるでしょう。店舗に持ち運んで見積もりを取るのに平均で30分から1時間ほどになります。さらに車を実際に持ち込んで見積もりを取るのでさらに時間が奪われます。

一方でKINTO(キント)は車検時期の46日前に連絡(メール)が届き、入庫日を調整して入庫するだけなので余分な時間を割かれません

公式サイトの車検通知についての回答

他にも、自分で車検を行う場合は車検の見積もりをweb、電話で取得することもできます。しかし、よくあるのは車検を行ってみると事前に取得した見積もりと値段が異なり、追加費用が必要になることが多々あります。これは実際に整備士が目視で確認しているわけではないので修理・交換が必要になる部品が出てきてしまうためです。そうなると今まで見積もりを取得して最安値の車検を探した時間が無駄になってしまいますよね。時間も無駄になる上に急な出費のお金作り、がっかりしてしまう落胆を味わってしまいます。

KINTO(キント)では修理・交換部品費用も月額利用料金に含まれています。なので上記の見積もり時間を無駄にすることもなく、急な追加出費も落胆も味わうことがありません。それだけでも時間と労力の削減になりますね。

公式サイトの車検時の修理・交換部品費用についての回答

車検は時間を削られるのは車検時だけではありません。車検で車が利用できないときの代車の手配、重量税・自動車税・自賠責保険費を納める時間も必要になります。特に自動車税は車検とは別で時間を割いて納めなくてはなりません。

KINTO(キント)では上記の代車費用、自動車税・重量税・自賠責保険費は月額利用料金に含まれています。さらに、自動車税・重量税・自賠責保険費の支払いはKINTO(キント)で行ってくれるので時間をわざわざ割くことがありません。自分で車検関係を行う人よりも時間を大きく削減することができ、うっかりで忘れることがありません。

公式サイトの車検時の代車費用についての回答

公式サイトの重量税・自動車税は月額料金にふくまれているのかに対する回答

公式サイトの自賠責保険料は月額料金にふくまれているのかに対する回答

また、自分で安い車検費用のところを探して車検を受けると見積もりではあえて安い金額を提示して、車検後に見積もりとは大きく乖離した多額の請求をする店舗も存在します。

KINTO(キント)は大企業であるTOYOTAが運営していいることもあるので信頼できる車検が受けれます。

まとめ

KNITO(キント)で車検でのタイムロスしたくない人におすすめな理由を紹介しました。

まとめ次項です。

  • 車検費用が月額込みなので見積もり取得の時間を要しない
  • 自動車税・重量税・代車費用・自賠責費用も月額込みでKINTO(キント)が支払うので時間を要しない
  • 車検時は販売店舗から連絡を受け取って入庫するだけ

これだけの車検時のサービスがそろっており、KINTO(キント)側が済ますので大きく時間を削減することができます。

車検の見積もりを取得するための時間を作る必要がありません。

車の税金関係、自賠責保険を納める時間を作る必要がありません。

自分の時間を有意義に使い、カーライフをKINTO(キント)を下記から登録して楽しみましょう!