KINTO(キント)の任意保険が車を2台目保有したい人におすすめ

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)の任意保険が車を2台目保有したい人におすすめな理由を紹介します。

結論は充実した保険内容なのに年齢・利用人数で利用料金が変わらず、突発的な料金が発生しない上に、自分で更新の手続きをする手間を省くことができるからです。

結論次項です。

  • 利用者の年齢・利用人数を自由に設定可能で、月額料金が変わらない
  • 保険はKINTO(キント)が更新するので、手間が省ける
  • 対物・対人は無制限
  • 運転者・同乗者には怪我をしてしまった場合は5000万円まで補償
  • 自動車の凹みや傷の修理は最大自己負担は5万円まで
  • 車が大きく大破した場合はリースカー車両費用特約で自己負担は発生しない
  • 弁護士特約、ロードアシスタント、レンタカーのアシストつき

これだけの保険内容、お得感、手間の削減から非常に2台目の利用をしたい方にピッタリです。

ぜひ、KINTO(キント)で2台目の利用を始めましょう!

利用者急増で車の納期が長期化しています。まずは、公式サイトをチェックしましょう!

KINTO(キント)の任意保険が車を2台目保有したい人におすすめな理由

KINTO(キント)の任意保険が車を2台目保有したい人におすすめな理由は充実した保険内容にも関わらず、年齢・利用人数で料金が変わらない上に、突発的な料金が発生せず、自分で更新手続きする必要がないからです。

まず、保険内容についてご紹介します。

KINTO(キント)では契約する際に利用する年齢・人数を好きに設定することが可能で、それに応じて月額の利用料金が変わることがありません。2台目の車を欲しい人は家族で運転する人が増えた(子供が免許を取得した)、家族で主に仕事で利用している車があり別で車が欲しい、趣味とは別の車が欲しいなどがあると思います。家族が増えた利用する人が増えたりすると利用人数・年齢層が拡大することで保険料が増えますよね。KINTO(キント)は一律なので保険料の部分でお得に利用が可能です。

また、保険料の支払いはKINTO(キント)が行うので自動的に更新されます。2台目の車だと保険の更新時期が1台目と異なったり、車のことにあまり意識のない人だと更新手続きを忘れてしまうことも起こりえます。そのような手間を省いてくれるのでカーライフを送ることだけ考えていれば大丈夫です。

次に、保険内容についてです。こちらは非常に充実しております。

まずは、事故を起こしたときの対物・対人に対してです。対物・対人は無制限です。事故を起こしたときにお金の補償どうしようと思っても無制限なので事故を起こさないようにビクビクしながら運転しなくて済みますね。運転に慣れていない人や慣れていない車を2台目として利用する場合は一層心強いと思います。

公式サイトの対人・対物の保険について

運転者・同乗者には怪我をしてしまった場合は5000万円まで補償されます。運転に慣れていない人は怪我を負うことで治療ができないと運転が嫌になるでしょうし、2台目の車を利用しなければよかったと後悔するかもしれません。このように自分に降りかかる負の面を払拭してくれます。

公式サイトの運転者・同乗者の補償について

自動車事故や運転ミスによる自動車の凹みや傷の修理は最大自己負担は5万円までになります。したがって、5万円以上の修理は保険から補償されます。運転に慣れていない人が運転すると車を傷つけることは往々にしてあります。でも、5万円まで自腹なので捻出できない額ではないと思います。大きな出費にはなりません。

公式サイトの運転者・同乗者の補償について

車が大きく大破した場合はリースカー車両費用特約で自己負担は発生しません。2台目せっかく利用したのに修理代そうしようとならずに済みます。ここでも大きな出費をしなくても大丈夫になるので安心して利用できるのではないでしょうか。

公式サイトの自動車大破の補償について

これらの保険内容を確認すると事故や傷などをつけても大きな出費を支払うことがないのがKINTO(キント)のメリットの1つです。

他にも、弁護士特約ロードアシスタントレンタカーのアシストがあります。したがって、事故起こした相手が一筋縄ではいかない場合でも弁護士がつけられますし、車が走行不能になってもレッカー可能で、事故後も車が必要な場合でもレンタカーを手配できます。KINTO(キント)は事故後の出費も大きく抑えてくれます。

KINTO(キント)は付帯する任意保険の面から2台目の車が欲しい人に強くおすすめです。

まとめ

KINTO(キント)の任意保険が車を2台目保有したい人におすすめな理由を紹介しました。

まとめ次項です。

  • 利用者の年齢・利用人数を自由に設定可能で、月額料金が変わらない
  • 保険はKINTO(キント)が更新するので、手間が省ける
  • 対物・対人は無制限
  • 運転者・同乗者には怪我をしてしまった場合は5000万円まで補償
  • 自動車の凹みや傷の修理は最大自己負担は5万円まで
  • 車が大きく大破した場合はリースカー車両費用特約で自己負担は発生しない
  • 弁護士特約、ロードアシスタント、レンタカーのアシストつき

これだけの保険内容、手間の削減、月額料金のお得感があります。

事故を起こしても大きな出費はありません。そのうえ、事故後の出費も抑えてくれるサービスなので2台目としての問題や手間を大きく削減さてくれて最適ではないでしょうか。

ぜひ、KINTO(キント)で2台目の車利用を始めましょう!

現在、利用者急増で車の納期が長引いていますすぐに、公式サイトを確認しましょう!