KINTO(キント)の任意保険が若者(10,20代)におすすめ

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)の任意保険が若者(10,20代)におすすめな理由を紹介します。

結論は高額になる任意保険内容が年齢・利用人数に関わらず月額料金に含まれているうえに、利用料が変わらないからです。一般的に年齢が低いほど保険料は膨大になるものです。それが充実な保険内容でありながら、皆一律の利用料金で利用可能なのです。

結論次項です。

  • 高額になる任意保険内容が年齢・利用人数に関わらず月額料金に含まれているうえに、利用料が変わらない
  • 対物・対人無制限
  • 運転者・同乗者が怪我をしてしまった場合は5000万円まで補償
  • 自動車の凹みや傷の修理は最大自己負担は5万円まで
  • 車が大きく大破した場合はリースカー車両費用特約で自己負担は発生なし
  • 弁護士特約、ロードアシスタント、レンタカーのアシストつき

もしもの時はこれらの保険を頼って、KITO(キント)で楽しいカーライフを送りましょう!

現在、利用者が増えており車の納期が長期化しています。まずは、公式サイトを確認しましょう!

KINTO(キント)の任意保険が若者におすすめな理由

KINTO(キント)の任意保険が若者(10,20代)におすすめな理由は高額になる任意保険内容が年齢・利用人数に関わらず月額料金に含まれているうえに、利用料が変わらないからです。

KINTO(キント)を利用すると任意保険は対物・対人無制限の保険内容で年齢で利用料が変わりません

公式サイトの対人・対物の保険について

この保険内容は一般的に10代、20代では保険料が非常に高額になります。相場でいえば年間で10万円を軽く超えてしまいます。高額になる理由は2つあります。

1つ目は年齢が低いとおのずと等級が低くなるからです。等級は年間で無事故だった年数を積み立てることで上がっていくものです。等級が大きいほど保険の割引率が大きくなります。等級は1年間無事故で過ごすと1等級上昇します。一般的に最大で20等級まであり、仮に18歳に免許取得し自動車の任意保険に入った場合でも最速で14年かかるので32歳になります。

2つめの要因は年齢が低いため保険の年齢区分が広くなるからです。保険の適用年齢を決めるときは年齢無制限、21歳以上、26歳以上、30歳以上…と区分されます。適用年齢の区分が広くなるほど保険料が高くなり若年層ほど保険料が高くなります。

KINTO(キント)はこの保険料が一律で利用料に組まれているので若い人ほどお得になります。対物・対人無制限は保険内容としては一番上になります。学生や新社会人は利用をおすすめします。

さらに保険内容はこれだけではありません。

運転者・同乗者が怪我をしてしまった場合は5000万円まで補償されます。相手方だけではなく自分や一緒に乗車していた人、一人に対して補償される額です。年齢の若い方は事故を起こして怪我を負っても高額な治療費は出せないという方は多いと思います。その不安を解消してくれます。もしかしたら、治療費がネックになり二度と車に乗るのが嫌になるかもしれません。そんなことにならないように自身の未来も補償してくれる保険内容です。

公式サイトの運転者・同乗者の補償について

自動車事故や運転ミスによる自動車の凹みや傷の修理は最大自己負担は5万円までになります。こちらも購入でない以上傷物にしてしまったら補修しなくてはなりません。板金の修理が必要になったら数十万の修理になったりします。そんなのビクビクで楽しくないドライブになりますよね。でも出費が5万円までで済めば捻出できなくない額だと思います。この保険のおかげであなたのカーライフが楽しいものになることを保証します。

公式サイトの運転者・同乗者の補償について

車が大きく大破した場合はリースカー車両費用特約で自己負担は発生しません。購入してない車を大破してもご安心ください。自己負担がないので事故後の”お金どうしよう”を生み出しません。これでカーライフからお金の不安を払拭してくれるでしょう。

公式サイトの自動車大破の補償について

他にも弁護士特約ロードアシスタントレンタカーのアシストがあります。事故を起こした相手が悪く一筋縄ではいかないようなら弁護士を頼れます。走行不可能な車ならロードアシストで運び出せます。事故後も車が必要ならレンタカーを利用できます。

若い方だと社会経験が少なく、事故なんて起こしてたら動揺して不安感に襲われるかもしれません。そんなことにならないようKINTO(キント)の任意保険を頼ってください。こんなに豊富な保険内容なのに若い人ほどお得に利用できるのがKINTO(キント)です。

まとめ

KINTO(キント)の任意保険が若者(10,20代)におすすめな理由を紹介しました。

まとめ次項です。

  • 高額になる任意保険内容が年齢・利用人数に関わらず月額料金に含まれているうえに、利用料が変わらない
  • 対物・対人無制限
  • 運転者・同乗者が怪我をしてしまった場合は5000万円まで補償
  • 自動車の凹みや傷の修理は最大自己負担は5万円まで
  • 車が大きく大破した場合はリースカー車両費用特約で自己負担は発生なし
  • 弁護士特約、ロードアシスタント、レンタカーのアシストつき

若い人のカーライフを楽しいものに変えてくれます。

物を壊しても、相手に怪我をさせても、自分が怪我を負っても補償されるのでお金の心配をする必要がありません。

車を傷物にしても、大破させても最大で5万円の自己負担で済むのでドライブ時にビクビクしながら運転する必要がないです。

ぜひ、KINTO(キント)でカーライフを始めましょう!

現在、利用者急増で車の納期が延びています早く車が欲しいなら今すぐ公式サイトをチェック!