KINTO(キント)で冬タイヤの保管は自分でするの?店舗は?

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)で冬タイヤを利用したい人でタイヤを管理するスペースがなかったり、保管が面倒などの理由で自分で保管したくない人がいらっしゃると思います。

大丈夫です。KINTO(キント)で冬タイヤを利用する人は自分の販売店舗で利用していないタイヤを保管することができます

冬用タイヤの保管をしたいと販売店舗に連絡すれば利用できます。

さらに、

  • 指定した販売店でタイヤの保管ができる
  • タイヤ交換は同じ販売店でできる
  • タイヤ交換に出費は発生しない

冬用タイヤを利用する人にもよりそってくれるKINTO(キント)を利用してみてください!

現在、利用者急増により車の納期が長期化しています。まずは、公式サイトを確認しましょう!

利用していなタイヤを保管してもらうことはできる?

KINTO(キント)で冬タイヤをオプションで利用している人は自分が指定した販売店舗でタイヤを保管することができます

今住んでいる場所にタイヤを保管する場所がない人やタイヤを保管するのが面倒くさい人は自分で利用していなタイヤを保管する必要はありません。

タイヤを保管してもらうには?

タイヤを保管するには契約する際に指定した販売店に確認を取ることで保管してもらうことができます。

もともとオプションでタイヤの保管は含まれていないので契約するときに店舗に確認をとりましょう!

しっかり確認を取っておけばタイヤの保管のことを考えずともカーライフを送ることができます。

保管したタイヤはどうやって交換してもらうの?

自分でタイや交換したい時期を連絡して入庫日を決め、車を持っていくだけでタイヤを交換してもらえます

また、タイヤ交換は自分が指定した販売店舗で行うので保管していた店舗と同じ店でタイヤ交換をしてもらえます

なので、保管している場所から移動させることなくそのままタイヤ交換をすることができます。

さらに、オプションで冬タイヤを選択されている人は追加料金なしでタイヤ交換することができます。

降雪地帯に住まわれている方は毎シーズンのちょっとした出費をすることなくタイヤを履き替えることができます。

KINTO(キント)公式サイトより

タイヤの履き替えは年に2回サービスとなっているので夏用タイヤから冬用タイヤへの履き替えはもちろん、冬用タイヤから夏用タイヤへの履き替えも出費無しでできます。

KINTO(キント)をサービスで利用する場合、降雪地帯の人は出費がかさんで嫌だなと思われるでしょうけど、KINTO(キント)は冬用タイヤを必要とする人に最大限寄り添ったサポートをしてくれます。

まとめ

KINTO(キント)で冬用タイヤの保管に困っても販売店舗で保管するため場所に困らないということがわかりました。

さらに

  • 指定した販売店でタイヤの保管ができる
  • タイヤ交換は同じ販売店でできる
  • タイヤ交換に出費は発生しない

指定した販売店とタイヤ交換の場所が同じなので持ち運びなどの手間がかかりません。

タイヤ交換は利用サービスに含まれるので毎回まとまったお金を用意する必要はありません。

冬用タイヤを利用したい方は管理もしっかりしてくれるKINTO(キント)を利用ください!

現在、利用者急増中で車の納期が長くなっています。今すぐ、公式サイトをチェック!