KINTO(キント)が車検の時コスパがいい理由

この記事はプロモーションを含みます

KINTO(キント)が車検の時コスパがいい理由を解説します。

結論は月額料金に車検に関する費用が含まれており、まとめったお金を出す必要もなくしっかり点検されるからです。車検費用のみならず修理・交換費・自動車税・重量税・自賠責・代車費用が含まれるのでそれぞれに割く時間・料金・手間が大きく省けます。

結論次項です。

  • 車検に関する費用がすべて月額料金込み
  • まとめったお金を出す必要もなくしっかり点検される
  • 車検費用、修理・交換費、自賠責、自動車税・重量税、代車費が月額料金内なので時間や追加出費をさかない
  • トヨタが運営しているのでぼったくり無く安心

今すぐお得なKINTO(キント)を始める!

KINTO(キント)が車検の時コスパがいい理由

結論は月額料金に車検に関する費用が含まれており、まとめったお金を出す必要もなくしっかり点検されるからです。KINTO(キント)は月額料金に車検に関する費用全てが月額料金に含まれているため車検に関する手続き、見積もり取得をする時間が発生しないのです。

公式サイトのKINTO(キント)に月額料金に含まれるサービスについて

実際、車検を行うのに多くの人はできるだけ安いところで車検を行おうと見積もりを取ることが多いです。しかし、見積もりを取るときは店舗に持っていくことが多いです。店舗に持っていくためそれだけ時間を奪われます。合い見積もりをとって比較するとなると何店舗もめぐって見積もりをとるでしょう。多くの時間が消えますね。

一方で、オンラインで見積もりを取ることもできますが思わぬ部品の交換・修理があったりして車検前にもらった見積もりよりも割高になることは間々起こることです。また、ぼったくりもよく起こることです。なのでKINTO(キント)はトヨタが運営していることから安心です。

ユーザー車検を陸運局で受け、割安に済ませることができます。実際受けると半日近くを消費することになります(筆者体験談)。また、平日しか行われていないので時間も取りずらい上に、ライトの不備などで容易に不合格になります。その点でもKINTO(キント)に任せるのが最適です。

KINTO(キント)は車検46日前に販売店から連絡が入り入庫日を調整して入庫するだけで終了です。なので車検前に車検費用を比較する時間やお金を集める作業も発生しないです。

公式サイトの車検の通知方法についての回答

また、車検には自賠責、重量税、自動車税の納付があります。自賠責・重量税は車検の時に支払うものなので別途費用が発生します。また、自動車税は別途時間を作って支払わなくてはなりません。車検時以外も時間と費用を要します。KINTO(キント)はこちらも月額料金に含まれるので無駄な時間を割きません

公式サイトの重量税・自動車税は月額料金に含まれているのかに対する回答

公式サイトの自賠責は月額料金に含まれているのかに対する回答

また、車が利用できない期間は代車も必要になるかもしれません。しっかりと把握しておかないと車が必要なのに代車を用意できなかったということも起こりえます。しかし、KINTO(キント)では契約している車と同等グレードの車を利用できます。もちろん費用は月額料金内なので追加出費は発生しません。車検中のことを考える必要なくカーライフを送れます。

公式サイトの車検中の代車についての回答

まとめ

KINTO(キント)が車検時にコスパがいい理由について紹介しました。

まとめ次項です。

  • 車検に関する費用がすべて月額料金込み
  • まとめったお金を出す必要もなくしっかり点検される
  • 車検費用、修理・交換費、自賠責、自動車税・重量税、代車費が月額料金内なので時間や追加出費をさかない
  • トヨタが運営しているのでぼったくりなく安心

車検の合い見積もりをとったり比較する時間を必要としないので車のメンテナンスに精力を注ぐ必要がありません。

車検時の修理・交換費用も月額料金込みなので追加の出費が発生することなく、ショックを受けることもありませ。

トヨタが運営しているKINTO(キント)なのでしっかり管理・点検されるのでぼったくりや失敗がなく安心です。

これだけ、時間も料金も手間も省けるので迷っている方は利用しましょう!